2014年謹賀新年!!2013年の音楽を振り返りました。


皆様

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!!

 

という事で2014年1月1日。

 

昨年を振り返りながら今年も夢と目標とタスクを確認してい行きたいと思います。

 

まず、夢は相変わらず、世界に通用する楽曲を制作するプロデューサー。世界のプレイされる名曲を世に出すことだね。あえてゆうなら、アジア勢では唯一PSYがやりよったね。まぁ半分ネタだけど、それでも歴史に名を残すビッグヒットを叩き出した。日本ではきゃりーぱみゅぱみゅなんかが世界へ出ていってるけどあくまでマニアックで音楽を売ってるんじゃなくてエンターテイナーだからジャンルが違うよね。 (ちなみに下記のYouTubeも再生回数のケタ違うよね)


まぁこんな中、口パク文化のJ-POPが、エンターテインメントという言葉を売りにして音楽をしなくなっている。これは危ないよね。

 

そしてさらに、その状況の中音楽レベルも上がらずいいアーティストが飯を食えない状態の中、世界ではCDセールスが約40%シェアを持つ第2位という異例中の異例。外人はこんなレベルの低い音楽やってる国でCDがいっぱい売れるなら、っていっぱいアーティストがやってきては儲けて帰る。

 

特に韓国。

 

しっかりブーム作られて、儲けられて、日本の音楽的レベルも高く、産業としてなりたってるし、皆歌もうまい。がっつりココロ握られてるよね皆。。。。

 

は~。ため息ばっかりでる状況だけど俺がちなみに、驚いた素晴らしい作品をいくつか紹介しよう。

C2C - Happy Ft. D.Martin

日本ではかなりの新人。「C2C」

フランスDJ4人組で構成されたプロジェクトでサンプリングを中心にヒップホップやロックやビッグバンドできなJazzなんかも融合して、俺の大好きなビート満載だし、スクラッチがもう飽きてたんだけど、あらためてかっこよさを再確認しましたわ。しかもこのMVがとてもコンセプトしっかりしてて、さらにダンスパフォーマンスも最高。最近フランスがいい音楽を発信している印象だな。BEN L'ONCLE SOULとか、DAVID GUETTAとか。とにかくブラックミュージック的な文化でいいアーティストが出てきてる。


Avicii vs Nicky Romero - I Could Be The One

スウェーデンの男前23歳のDJ&PRODUCER「Avicii」だね。彼の作品はとてもシンプルで、楽曲全体はわかりやすいEDMだけど、有名なアーティストを起用して売れる。ってゆうことをせず、毎回の作品がとても完成度が高く、そしてMusicVideoがとことんおもしろい。今回もAviciiは知ってたけど俺がかなりはまった作品。HOOKのシンセフレーズとキックのぶっとさ、さらに歌の表現力が素晴らしい。そしてMVの最後の結末がネガティブでいいよね。


will.i.am - #thatPOWER ft. Justin Bieber

これはとにかくすごい!!俺は今年一番パン力があった作品。もう音質が半端ないよ。キックの太さも、音抜けも、そして1曲で3つほどキックを使い分けていてどれも素晴らしい。そしてこんだけ音数を減らせて音圧をあげまくって、完全クラブ仕様にしいる徹底ぶりもさすが名プロデューサー。こんだけ音数を減らせる日本でいいトラックメイカーはゼロです。ゼロ。だれもできない。俺挑戦したい!!ここのレベルで音楽作りたい。でも俺のスキルなら5年で1曲だな。キック選ぶだけで2週間かかるわ。電源整えて、ドラムマシーンを全部買いあさって、全ての音を聴き比べてエディットして、そんでもって数分ならして、一番音の良かったキックを1つだけ選んで、それをループさせて、その工程をあと2つ作る。あ~~~いかれてるぜ。


Daft Punk - Lose Yourself to Dance

いや~。これは俺には作れない。さっきのWILLさんは1曲5年かかっても、この作品は俺には作れないな。「負け」を認めた作品だな。とりあえず制作費だけで1億円。この素晴らしさを理解できる日本人がどれだけいるんだろうか。。。。ほんまにすごい事しよったで。とりえず、ソウル&ディスコを再来させている。彼らはEDMのはしり、エレクトロっていうジャンルの生みの親なのに、終わらせやがったよ自分たちで。本当にすごい。とりあえず、ギターのフレーズとドラムのフレーズは、数週間セッションを繰り返し、数千テイクの中からベストなフレーズを選び出し、そしてループさせてる。そしてミュージシャンは世界トップクラス。そんなトップクラスのGrooveを激選するんだよ。難しすぎるやろ!!だって、ワンテイクで完璧なのに、数千を聞き分けて選び出す。あ~~~。すごすぎる。凄すぎる。てことはね、むっちゃ深い話になるけど、精神的な安定も、財産的な安定も、ヒットを飛ばすよりも、自分達のこだわりを貫き通す強さと、全てが、本当に全てが必要になるんだよ。ぶれいないコンセプトがはっきりしている。本当にすごい!!このアルバム5年かかったんだって。そりゃかかるよね。あと、MVはどれもお金かかってない感じする。ここも尊敬。音だけの制作費を確保して、エンタメは極力経費削減してるんだと思うな。だって、機材を飛行機に乗せるのが怖いから、自分たちで車運転して、アメリカの端から端まで移動するぐらいだよ。本当にマニアだ。尊敬!!


Zedd - Stay The Night ft. Hayley Williams

ZEDDは現代のNO1メロディーメーカーだね。EDMの期待の星とはいわれているけど、彼は音楽的にリズムだけでなく、コードやメロディーも超一流のセンスをもっているんだと思う。だからワールドワイドにはまる。この楽曲はそれを象徴しているかのような作品。もちろんClarityも超チェックだけどね。この曲はHayleWilliamsが良すぎて飽きない。もう500回は1カ月で俺きいたんちゃうかな?ってゆうぐらいの勢いです。あとMVの作りも非常に芸術的に素晴らしいなと思う。ダンスの表現力と照明の使い方もコンセプトも。はまりまくったね。


 

まぁそんなこんなで、2013年は素晴らしい音楽が出てきました。日本でピンときたやつは全くなかった。

これで大丈夫か?サッカー選手はどんどん海外で活躍しているのに、音楽はまったく外へでないじゃないか!!

 

って事で、2014年は、俺はまず音楽業界で地に足をつける。結果を求める!!そして安定した収入の元、家族を守り、機材を揃え、田舎にスタジオを立てる為の貯蓄をする。

 

俺のこの評論家的な発言が、実現できるようにいつかは肩を並べてここのMVのお勧めに自分を出すようにする為の第一歩の年ですわな。

俺の野望は50歳まで続くから、とりあえずポジティブに一つずつ時間かけてしっかりやっていきたいよね。

 

どうせ怠けない性格だから自分で自分を追い込むのでしょう!!

 

今年も皆様よろしくお願い致します。