できることとできないことを整理する。

これは自分が感じてることです。

自己啓発的な文章が多く気分を害する人もいるかもしれないのでその辺はご了承くださいませ。

まず僕には才能がないのです。これを前提に話をしていきます。

スポーツ選手、会社の社長、など輝かしい場所で活躍している人たちの共通点は「できないこと」をいかに多くしているかだと思う。

これは失敗も、結果的に成功も含め常に未知なる道を歩んでいる人たち。

ただ何かに才能がある人はその未知なる道の攻略法を早く見つける人だろう。

僕にある才能は空気を読む力、没頭する力、努力する力、諦めない力。

です。でも僕にはスポーツ選手のような身体能力、学校とかで習う勉強的なものを理解する力、したくない事はまったく興味がでてこない我慢する力とかが足りてないのです。

ここで問いたいのですが。皆さんは
自分では到底できないことにトライしてますか?
自分の力を細かく分析できていますか?


ということです。


僕は自分のポテンシャルをわかってる上で120パーセントで精一杯のトライを繰り返し、失敗し、できないことをできることに変えていってます。

自分の凄いと思う事はここの理解力が優れている事です。

しかし僕の優れていない事はそれ以外のことへの探究心があまりにも低いこと。

この狭間にいて成功と失敗を繰り返してるのです。

若い子たちは大人を見て好き勝手やってるように見えても頑張ってる大人は常に未知なる道を歩んでる。

赤ちゃんだってハイハイすること、歩くこと、離乳食、全て未知なる道を歩んでいるのです。

そしてもう一つ。


ポテンシャルの理解ですね。

これも結局は失敗を繰り返すことと毎回めんどくさいぐらい自分と向き合うことですよね。


この部分んはまたブログで書こうと思います。


ありがとうございました。