日本からNAMMへ!世界最大の機材祭典へ。Part1

みなさん

 

スーパー久々のブログです。

さて、今回は初めて世界の機材の祭典「NAMM Show 2020」に行ってきました!

 

「NAMM Show」とは「National Association of MusicMerchant」の略で1901年にボストンでピアノの展示販売会として開催されたのが始まりで、なんと!!!

118年程の長い歴史を持つこの展示会は創立以来、全国の小売協会から、国際的な協会へと発展した。

基本的にはメンバー制だけども、最近は土日のみノンメンバーにもオープンしています。

 

そんなNAMM SHOWレポートのブログでございます〜〜〜!

 

まずは基本的な情報を。

 

1:関西国際空港からJALで直行便(ロサンゼルス空港)があります。

2:JALにはご存知の通り、映画見放題で機内食は2食、そして移動時間は行きは追い風なので9時間半ほどです。

3:空港に到着して検査まではすごく今回はスムーズに進み、NAMM Showにいくことを伝えればすぐに監査も通りました。

4:めちゃめちゃお味噌汁などの日本保存食を持って行ってたんですがチェックもされずすぐに通れました。

 

そして空港から到着すると一番便利なので、Überでのタクシー移動です。

日本に比べて比較的に値段は安いですし、そこら中にÜberタクシー待機車がいっぱいいます。

但し、空港内は入るのが困難なようで、空港からホテルまでは白タクと言われる値段交渉して移動するやつを捕まえました。

 

NAMM Showの近くのホテルやモーテルはもちろん値段も高いし、予約もなかなか取れないので本場のディズニーランド付近のホテルを予約しました。そしてNAMM Show前日は、準備中なのでパスだけ取りに行って現地見学だけし、スーパーに移動して1週間分の食糧をゲットしました。

 

やっぱりNAMM SHowはスケールが全然違う!まだ始まってないのもかかわらずいっぱいの人が世界中からきている印象です。

これから毎日ブログで情報発信していこうと思ってますので是非ともブログチェックしてくださいね〜!

 

そしていきなりですが!初日からスーパーギターリスト「スコットヘンダーソン」と写真をパシャリです。

 

有名人があちらこちらにいております。

 

NAMM SHOWレポート続けてやっていきたいと思ってますので是非ともブログご覧くださいませ〜!